information

map information

どうして地図情報なの?

 地図情報はパソコン、スマートフォン、タブレットを使って近隣の施設や目的のお店の場所を検索するために使用されています。
地図上に店舗の正確な情報を掲載する事によってスマートフォンユーザーに営業時間や定休日など必要な情報を発信できるので集客率がアップすることに繋がります。
より良いMEO(Map Engine Optimization)対策をする事によりお客様がスマホで検索した際、上位に自社の情報が掲載される閲覧しやすい状態を作る事ができます。
スマートフォンが普及して約10年、今では日用品になったスマホで地図アプリを使い知らない土地でも住所や定休日を調べて、 来店されるお客様が増えています。
以前はホームページの情報を元に検索結果が表示されていましたのでSEO対策を重点をおいましたが、近年地図情報から検索結果が表示されるようにもなっています。

「キーワードで検索とは」

Ken1
スマホで検索する人は「近くの◯◯のお店」や「今日髪を切りたい」など目的 がはっきりと決まっています。
そこでMEO対策をすることでお客様を目的のお店まで ナビゲートしてくれるので見込み客の集客率が高まりまります。

「MEO対策のメリットは」

kei1
スマホで検索した時に目立つ場所にお店を表示できます。
マップ上にマークされた状態でお店の写真なども表示されるので必然的に目に止まりやすくなり有効な集客方法です。

どめいん,biz では

スマートフォンのマップ機能に店舗のより詳しい情報を
掲載する事に特化したMEO対策サービスを提供しております。

あなたのお店を探しているお客様に正しい詳細情報を
提供できるようになります。
店舗名・住所・電話番号・営業時間・定休日
業務内容の詳細設定 (お店PR)
一押しキーワードの最適化と配置
店舗や商品画像の投稿

map information

オフィシャルサイトとの地図の関連付

関連するキーワードで最寄りのお店を表示してくれる地図情報を掲載する事は急務です。
あなたのお店を全く知らない新規のお客様を集客したいと思うならMEOは効果的です。
地図の情報とお店のホームページをリンクさせる事で閲覧回数を増やす事ができます。
スマホにはGPS機能があるので知らない土地でキーワード検索をすると現在地から目的のお店を詳しく調べられナビゲーションシステムで行き方まで詳しく表示されます。
働き方改革で定休日や営業時間を変更したお店は、特に情報が誤っていないか気を配るべきです。

トップへ戻る